よくあるご質問

検定について

Q「スポーツ医学検定」とはどんな検定ですか。

スポーツに関わる人に、身体やスポーツのケガに関する正しい知識をもってもらうための検定試験です。スポーツの現場にいる、スポーツの指導者、スポーツ選手自身、あるいは保護者の方々に受けてもらえることが理想です。また、メディカルに関わる人にも受けてもらいたいと考えています。

Q検定はいつ行われますか。

第4回検定は2018年11月25日(日)を予定しております。
実施要項・お申込みはこちら

<過去の実施記録>
第3回検定 2018年5月20日(日)
第2回検定 2017年12月10日(日)
第1回検定 2017年5月14日(日)

Q検定会場はどこですか。

第4回検定では、東京、横浜、群馬、大阪、福岡の会場を予定しています(2018年6月現在)。具体的な会場施設については、検定試験の約1~2か月前に送付する受検票でお知らせすることになります。

Q検定は誰が受検できますか。

誰でも、資格や職業に一切関係なく、受検可能です。

Q検定はどのように行われますか。

マークシート形式で行われます。記述式の問題や実技を行う問題はありません。

Qスポーツ医学に関する知識は全くありません。何級を受けるべきですか。

3級(ベーシック)から受検することをお勧めします。3級は身体のこと、スポーツのケガに関する最も基本的な知識が問われます。「スポーツ医学検定公式テキスト」で勉強されることをお勧めします。

Q3級に合格していなくても、2級を受検できますか。

3級に合格していなくても、2級を受検できます。また、2級と3級を併願で受検することもできます(2級と3級の検定日は同じですが、開催時間が異なるため、両方を同じ日に受検することができます)。

Q合格基準を教えてください。

各試験の合格点、基準は公開していませんが、概ね70~80%の正答率が合格基準となります。

Q自分の得点を知ることができますか。

合否の通知はしますが、採点結果は開示していません。また、マークシートの返却も行っていません。

Q合格した場合、履歴書に書くことはできますか。

何級からでも履歴書にお書きいただいて大丈夫です。

Q合格した場合、何か資格をもらえますか。

現段階では、資格制度にしておりません。英語検定の1級を持っている、漢字検定の2級を持っている、というのと同じように、そのレベルの知識を取得していることを証明する検定になります。本検定の級を持つことで、実際の診療や治療などの医療行為を行う資格を有することには一切なりません。

Q合格した場合、合格証をもらえますか。

合格した方には、名前入りの合格証を受検票と同じ住所に郵送します。再発行については、再発行手数料が1200円かかります(郵送代込)。

Q「医学」という言葉がつくと敷居が高く感じるのですが。

まったく心配いりません。「医学」というと専門的に聞こえるかもしれませんが、ケガをして水で洗い流す、捻挫した時にアイシングする、など皆さんも気づかない所で「スポーツ医学」を実践しています。「スポーツ医学」はもっとも身近な「医学」です。また3級の内容は、一般の方でも知っている知識が多く、「スポーツ医学検定公式テキスト」を読んでおけば、十分合格ラインに到達できます。

Qどうやって「スポーツ医学」の勉強をすれば良いですか。

一般の方向けの「スポーツ医学検定公式テキスト」で勉強するのが合格への近道です。本テキストは2級と3級に対応しています(テキストの内容にない問題が出題されることもあります)。また、月刊トレーニングジャーナルで連載される練習問題や、スポーツ医学web検定を行うのも良いでしょう。

QWeb(ウェブ)で受検できますか。

スポーツ医学web検定「初級(ビギナー)」がWebで受検できます(有料)。問題数は20問で、誰でも知っておきたい身体やケガの初歩的な知識が問われます。合格者にはご自身で印刷できる名前入りの合格証(PDFファイル)がもらえます。

Qスポーツ医学web検定について教えてください。

スポーツ医学web検定は誰でもどこでも今すぐに受検可能です。

実施級・受検料:初級(ビギナー):980円
問題数・検定時間:20問30分
解答形式:4つの選択肢から1つを選択
合格基準:80点以上(1問5点)

詳細はweb検定の実施要項をご確認ください。
web検定の実施要項はこちら

Q1級はいつから開催されますか

1級は2019年度より開始予定です。また、1級に対応したテキストも作成中です。

申し込みについて

Q検定はいつから申し込みができますか。

現在、「第4回スポーツ医学検定」のお申込みを受付中です。
実施要項・お申込みはこちら

Q検定はどうやって申し込みができますか。

当ホームページ上でお申込み可能です。
実施要項・お申込みはこちら

Qお支払方法について教えてください。

スポーツ医学検定(会場受検)もスポーツ医学web検定も、受検料のお支払はクレジットカード、コンビニ決済をご利用いただけます。詳細はこちら。

Q受検票はいつ届きますか。

受検票の発送は検定日の1か月~2週間前になります。

Q受検票が届きません。

申込時にご入力の住所へ郵送していますが、お手元に届いていない場合はお問合せフォームよりご連絡をください。お申込確認後に機構より返答致します。 なお、受検票自体は当日各試験会場にてお渡しします。

Q申込確認メール、お問合せのメール回答が届きません。

こちらからのメールが受信拒否、迷惑メール等になっている可能性があります。以下のメールアドレスが受信できるよう、受信設定の確認・変更をお願い致します。
<日本スポーツ医学検定機構から送付されるメールアドレス>
・info@spomed.or.jp
・support@spomed.or.jp
・news@spomed.or.jp
<決済サービス会社から送付されるメールアドレス>
・*****@p01.mul-pay.com(****には任意の文字が入ります)

Q検定申込後に住所が変更になりました。

申込後に変更した場合は直ちにお問合せフォームにてお知らせください。

Q領収書は発行できますか

スポーツ医学検定では、お客様のご希望により、領収書を発行・郵送します(PDF版となります)。お問合せフォームから、お問合せ内容に「領収書希望」と記載いただき、氏名、送付先メールアドレスを記入しお申し込みください。印刷した領収書の郵送をご希望の場合、お問合せ内容に「領収書・郵送希望」と記載いただき、郵便番号、住所、氏名、メールアドレス、電話番号を記載ください。
<領収書発行における注意点>
・宛名や金額、但書等が空欄の領収書は発行出来ません。
・宛名の指定が無い場合は氏名を記載いたします。法人名など記載の場合はお問合せ内容に記載ください。
・クレジットカード決済をされた場合、その旨が領収書に記載されます。
・コンビニ決済の場合、領収書の発行は決済確認後となります。

Q結果通知・合格証が届きません。

合格、不合格共に結果通知は受検票と同じ住所へ郵送しています。 2か月以上を過ぎて届いていない場合はもう一度お手元をご確認願います。 お問合せフォームよりご連絡をください。 なお、その際に住所変更や入力ミス等による不達の場合は再発行手数料を頂きますのであらかじめご承知おきください。

一般社団法人日本スポーツ医学検定機構について