一般社団法人日本スポーツ医学検定機構について

 

法人概要

法人名 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構
所在地 東京都文京区
設立日 2015年12月
役員構成 顧問   山崎哲也(横浜南共済病院)
代表理事 大関信武(東京医科歯科大学)
理事   高森草平(リンカーン大学)
相澤純也(東京医科歯科大学)
今井宗典(横浜市立大学)
佐藤正裕(八王子スポーツ整形外科)
監事   柳澤克昭(川口工業病院)

理念

「スポーツのケガを減らし、笑顔を増やす」

 近年、スポーツの普及には目覚ましいものがあります。また、日本では世界的スポーツイベントであるラグビーワールドカップが2019年に、東京オリンピック・パラリンピックが2020年に開催されるなど、スポーツに対する社会の関心は高まっています。しかし、これらの華々しいスポーツの舞台裏では、ケガのためにパフォーマンスが出ない選手、長期の競技離脱が必要な選手、引退を決意する選手がいるのも事実です。また、スポーツが広く根付く社会を築くには、トップレベルのアスリートのみでなく、子供から高齢者までが安全で楽しくスポーツに取り組める環境が必要です。

私たちは、より安全でケガの少ないスポーツ環境を作るには、スポーツ医学の専門家が持っている知識などを、スポーツ指導者・スポーツ選手自身・あるいは保護者たちに広めていくことが大切ではないかと考えています。そして、「スポーツ医学検定」という事業を通じて、スポーツに関わる人の身体やケガに関する正しい知識を底上げし、少しでもスポーツによるケガを減らしたいと考えています。

本取り組みにより、スポーツ選手のケガが減少し、それが競技力の向上へつながること、そして日本のスポーツを強くすることに貢献できれば幸いです。

スポーツ医学検定を企画するに至った経緯(代表理事より)

  「スポーツ医学検定」を発案するに至った経緯を簡単にお話させていただきます。私は小さい頃より、野球や空手、ラグビーといったスポーツを行う中で、数々のケガを経験しました。肩が痛くて投球できない、手首を骨折する、肩を繰り返し脱臼する、キャプテンで臨んだ最後の大会に下腿を疲労骨折してメンバーから外れる、、、。今となっては、ケガでプレーできず、外から見ていることも一つの「学びの場」だったと言えますが、当時は悔しい思いをたくさんしました。そして医師になった私は当然のように整形外科を選択し、スポーツ選手の診療に携わり、スポーツのケガを減らすにはどうすれば良いか、より良い治療はないかということを考え続けています。約1年前になりますが、お酒好きの私はスコットランドに留学していた際に蓄えた知識を試そうとウイスキー検定を受検しました。そこで改めて勉強してみると何となく飲んでいたウイスキーの奥深さを楽しく学ぶことが出来ました。そこで私は好きな鮨や魚料理をより楽しむべく「日本さかな検定」を受検することにしました。この時、仕事に必要なわけでもなく、今から専門家になろうとしているわけでもないのに、楽しく知識を深められることが深く印象に残りました。そして、私の頭の中で「スポーツ医学」と「検定」が結び付きました。ケガを減らすには、指導者やアスリート自身が十分な知識をもつことが大切―しかし、それを広めることが難しい―この「検定」というツールは重要な知識を広める確かな手段になるのではないか―。日本さかな検定の当日、子供から大人まで幅広い受検者がいるのを見て決断しました。「スポーツ医学検定」を作り、スポーツに関わる多くの人に発信しよう、と。「一般社団法人日本スポーツ医学検定機構」を立ち上げると、多くの方々に賛同いただきました。みんなスポーツの楽しさとケガの辛さを知り、また知識を学ぶことでケガを減らせると考えている方々です。医療従事者を始め、スポーツの指導者、選手や部活動に励む学生、またその保護者の方々など、様々な立場の方の力を借りて、「スポーツ医学検定」を作り上げていきたいと考えています。もちろん、この検定に向けて勉強するだけでケガがゼロになるとは思いません。しかし、自分の身体の仕組みを理解することでケガを減らし、スポーツをより楽しむ一つのきっかけになると確信しています。スポーツが皆さんの人生をより彩り鮮やかなものにすることに、少しでも貢献できれば幸いです。

2016年5月
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構
代表理事 大関信武

組織図

組織図

スポーツ医学検定・組織メンバー

顧問

山崎哲也(横浜南共済病院・スポーツ整形外科部長・横浜DeNAベイスターズチームドクター)

スーパーバイザー(メディカル)

宗田大 (国立病院機構災害医療センター院長、整形外科医師、東レアローズチームドクター、日本臨床スポーツ医学会理事)
西良浩一 (徳島大学教授、整形外科医師、日本オリンピック委員会医科学スタッフ・体操競技)
金岡恒治 (早稲田大学スポーツ科学学術院教授、整形外科医師、シドニー・アテネ・北京五輪水泳チームドクター、ロンドン五輪JOC本部ドクター)
中川泰彰 (京都医療センター、スポーツ医学センター長、整形外科医師、京都大学臨床教授、日本相撲連盟医科学委員)
高澤祐治 (順天堂大学准教授、整形外科医師、2015ラグビーワールドカップ日本代表チームドクター)
立石智彦 (同愛記念病院、整形外科医師、全日本柔道連盟医科学特別委員、日本サッカー協会医学委員、徳島ヴォルティスチームドクター)
加賀谷善教 (昭和大学准教授、理学療法士、日本体育協会公認アスレティックトレーナー、ソウル五輪本部医務班、リレハンメル五輪本部医務班)
柳下和慶 (東京医科歯科大学スポーツ医歯学診療センター・センター長)

スーパーバイザー(スポーツ)
中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター)
谷川真理(マラソンランナー)

顧問弁護士
墳崎隆之

顧問税理士
永野修一

顧問社会保険労務士
鈴木忠雄

理事
大関信武(代表理事、東京医科歯科大学・整形外科医師)
高森草平(リンカーン大学/NZ・整形外科医師)
相澤純也(東京医科歯科大学・理学療法士)
今井宗典(横浜市立大学・整形外科医師)
佐藤正裕(八王子スポーツ整形外科・理学療法士)

監事
柳澤克昭(川口工業病院・整形外科医師)

経営管理アドバイザー
松岡康彦

Medical Program Officer
今井宗典(横浜市立大学・整形外科医師)

Vice Medical Program Officer
佐藤正裕(八王子スポーツ整形外科・理学療法士)

Medical Advisory Board
中山晴雄(東邦大学医療センター大橋病院・脳外科医師)
能瀬さやか(東京大学・産婦人科医師)
大内洋(亀田メディカルセンター・整形外科医師)
三宅茂太(横浜南共済病院・脳外科医師)
森浩介(横浜南共済病院・救命救急医師)
山路正之(湖東記念病院、循環器内科医師)
中禮宏(東京医科歯科大学・歯科医師)
吉田結梨子(東京医科歯科大学・歯科医師)
栗山新一(京都大学・整形外科医師)
柏薫里(兵庫医科大学・整形外科医師)
草場洋平(相模原協同病院・整形外科医師)
見目智紀(北里大学・整形外科医師)
城内泰造(大阪赤十字病院・整形外科医師)
寺本道雄(宇治徳洲会病院・整形外科医師)
中井大輔(八王子スポーツ整形外科・整形外科医師)
中川智之(善衆会病院・整形外科医師)
永山正隆(順天堂大学・整形外科医師)
福島健介(北里大学・整形外科医師)
星加昭太(船橋整形外科病院・整形外科医師)
本田英三郎(関東労災病院・整形外科医師)
松村健一(多根総合病院・整形外科医師)
宮武和馬(横浜市立大学・整形外科医師)
山下一太(徳島大学・整形外科医師)
岩本航(江戸川病院・整形外科医師)
中尾陽光(湘南医療大学・理学療法士)
村田健一朗(八王子スポーツ整形外科・理学療法士)
池田崇(昭和大学・理学療法士)
今井覚志(慶應義塾大学・理学療法士)
岩田秀治(ハーベスト医療福祉専門学校・理学療法士)
大路駿介(東京医科歯科大学・理学療法士)
大見武弘(東京医科歯科大学・理学療法士)
小野元揮(横浜南共済病院・理学療法士)
川井謙太朗(東京慈恵会医科大学・理学療法士)
河端将司(相模原協同病院・理学療法士)
木村佳記(大阪大学・理学療法士)
木元貴之(横浜南共済病院・理学療法士)
栗田健(横浜南共済病院・理学療法士)
小山貴之(日本大学・理学療法士)
佐藤祐輔(八王子スポーツ整形外科・理学療法士)
地神裕史(国士館大学・理学療法士)
信太奈美(首都大学東京・理学療法士)
鈴川仁人(横浜市スポーツ医科学センター・理学療法士)
中丸宏二(寺嶋整形外科医院・理学療法士)
廣幡健二(東京医科歯科大学・理学療法士)
馬越博久(八王子スポーツ整形外科・理学療法士)
見供翔(河北総合病院・理学療法士)
宮田徹(相模原協同病院・理学療法士)
泉重樹(法政大学・アスレティックトレーナー)
小笠原一生(大阪大学・アスレティックトレーナー)
山口大輔(東京医科歯科大学・アスレティックトレーナー)
加地真也(スポルティングクラブ品川・ストレングス&コンディショニングコーチ)
石川三知(Office LAC-U、栄養士)
遠藤敦(株式会社アトラク、薬剤師)
山下敬(京都学園大学、看護師)
田中宏典(京都スポーツ装具研究所、義肢装具士)
小川未央(NECレッドロケッツ・トレーナー)
丸山浩司(東レアローズ男子バレーボール・トレーナー )
櫻井唯太(日本体育大学スポーツキュアセンター横浜・健志台接骨院、柔道整復師)

Common Advisory Board
小田晃司、鈴木義昭、木村哲也

サポーター
中屋文孝(東京都議会議員)
山本賢寿(横須賀市議会議員)

定款

第1章 総則

(名称)
第1条 当法人は、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構と称する。英文ではJapanese Certification of Sports Medicine(略称SPOMED)とする。

(主たる事務所)
第2条 当法人は、主たる事務所を東京都文京区に置く。

(目的)
第3条 当法人は、スポーツ医学への関心を高め、その知識を広めることで、スポーツ外傷・障害の予防およびスポーツ外傷・障害からの復帰へと役立て、スポーツの発展および社会文化の向上に貢献することを目的とする。その目的を達成するために、次の事業を行う。

(1) スポーツ医学に関する検定事業
(2) スポーツ医学に関する教育事業
(3) スポーツ医学の普及に関する事業
(4) スポーツ医学の進歩を推進する研究などへの助成事業
(5) スポーツの振興や普及に関する事業
(6) スポーツ競技力向上に関する事業
(7) 各種関連団体との連携
(8) その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

(公告)
第4条 当法人の公告は、当法人の主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法による。

第2章 社員

(入社)
第5条 当法人の目的に賛同し、入社した者を社員とする。
2 社員となるには、当法人所定の様式による申込みをし、理事の承認を得るものとする。

(社員の資格喪失)
第6条 社員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1) 退社したとき。
(2) 成年被後見人又は被保佐人になったとき。
(3) 死亡し、又は失踪宣告を受けたとき。

(退社)
第7条 社員は、いつでも退社することができる。

第3章 社員総会

(社員総会)
第8条 当法人の社員総会は、定時総会及び臨時総会とし、定時総会は、毎事業年度の終了後3ヶ月以内にこれを開催し、臨時総会は、必要に応じて開催する。

(権限)
第9条 総会は、次の事項を決議する。
(1) 理事の選任
(2) 理事の報酬など
(3) 事業報告および収支決算に関する事項
(4) 事業計画および収支予算に関する事項
(5) 理事会において総会に付議する事項
(6) 定款の変更
(7) 解散および残余財産の処分
(8) その他法令又はこの定款で定められた事項

第4章 社員総会以外の機関

(役員の設置)
第10条 当法人には理事会及び監事をおく。
理事 3名以上7名以内
2 理事のうち1名を代表理事とする。
監事 2名以内

(役員の選任)
第11条 理事は社員総会の決議により選任する。
代表理事は理事会の決議によって、理事の中から選任する。

(役員の解任)
第12条 理事は次のいずれかに該当する時は社員総会の決議により解任することができる。
(1) 職務上の義務に違反し、または職務を怠った場合
(2) 心身の故障のため、職務の執行に支障がある場合

(理事の職務および権限)
第13条 理事は、理事会を構成し、この定款で定めるところにより、この法人の業務の執行の決定に参画する。

(役員の報酬など)
第14条 役員に対して、その職務執行の対価として、報酬を支給することができる。その額については、社員総会の決議により定める。

(顧問など)
第15条 当法人に若干名の顧問を置く。
顧問は理事長の相談により、意見を述べることができる。
理事会は正当な理由により、顧問を取り消すことができる。

第5章 理事会

(構成および権限)
第16条 理事会はすべての理事をもって構成する。
2 理事会は次の職務を行う。
(1) 業務執行に関する規定の制定、変更および廃止
(2) この法人の業務執行の決定
(3) 理事の職務の執行の監督
(4) 理事長の選任および解任

(招集)
第17条 理事会は理事長が招集する。
(1) 理事会は毎事業年度、最低2回開催するものとする。
(2) 理事の職務の執行の監督

(議長)
第18条 議長は代表理事が務める。

(決議)
第19条 理事会の決議は、理事の過半数が出席し、その過半数をもって決議とする。可否同数のときは議長の裁決するところによる。

(議事録)
第20条 理事会の議事については、議事録を作成する。

第6章 計算

(事業年度)
第21条 当法人の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの年1期とする。

平成29年1月10日改正