月刊スポーツメディスン対談集

月刊スポーツメディスン対談集

月刊スポーツメディスンにて、当機構代表理事・大関信武による連載「Dr.大関の複眼インタビュー/スポーツメディスン・プロフェッショナルとの対談」が2016年12月号より始まりました。本企画では、スポーツに関わる医師、理学療法士、トレーナ―、スポーツ指導者、アスリートなど、幅広いジャンルでの対談を行います。各号の対談内容を雑誌発売の3か月後、PDFファイルにて紹介いたします。

月刊スポーツメディスンとは?
1989年10月、月刊トレーニング・ジャーナル創刊10周年の記念の年に、スポーツ医学を実践する人のためのスポーツ医学専門誌として創刊された。現場でスポーツ医学に関わるあらゆる人のバイブル的雑誌である。(年間10号刊行)
http://www.bookhousehd.com/

2017年 4月号 NO.190

高澤祐治「ラグビーワールドカップ2015・歴史的勝利を支えた4年間」

2017年 3月号 NO.189

能瀬さやか「知っていますか?女性アスリート特有の問題」

2017年 2月号 NO.188

宗田大「ジャンパー膝を識る」

2017年 1月号 NO.187

谷川真理「マラソンにおけるスポーツ障害」

2016年12月号 NO.186

山崎哲也「投球障害肩の診察・治療」

2016年11月号 NO.185

2017年5月「スポーツ医学検定」スタート

一般社団法人日本スポーツ医学検定機構について